テアトルみどり座

映画の感想、見どころを気ままに紹介しています。

【スポンサーリンク】

☆☆☆

これで最後!…なのでしょうか?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』感想と見どころ

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 原題(STAR WARS/THE RISE OF SKYWALKER) 2019年 アメリカ 監督:J.J.エイブラムス 鑑賞日:2020/1/3 劇場:小田原コロナシネマワールド 4DX 最近盛んに『上映終了迫る!』と煽っている本作のプロモーションです…

やっぱりジムのターミネーターはいいね!『ターミネーター:ニューフェイト』感想と見どころ

ターミネーター:ニュー・フェイト:原題(TERMINATOR:DARK FATE) 2019年 アメリカ 監督:ティム・ミラー ジムなどと気安くのたまわりましたが、この“ジム”とはターミネーターの生みの親、ジェームズ・キャメロンの愛称。 さて、今回はこの「ターミネーター…

ただこの一点だけが…!『ジョジョ・ラビット』感想と見どころ

ジョジョ・ラビット:原題(Jojo Rabbit) 2019年 アメリカ 監督:タイカ・ワイティティ まず初めに本作の評価を言ってしまいますと、 ☆☆☆ 世間の評判と比較すると思いのほか低めの評価ではないかと思いますが、支配人みどりは本作における『ある一点』がど…

今まで認識していたジャック・マイヨールという人物は何者だったのか?『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』感想と見どころ

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ :原題(Dolphin Man. The Story of Jacques Mayol) 2019年 ギリシャ、フランス、日本、カナダ 監督:レフトリス・ハリートス え~実は支配人みどりはスキューバーダイビングを長年たしなんでおりまし…

ロシア製パニック映画『メトロ42』感想と見どころ

メトロ42:(原題)Metro 2012年 ロシア 監督:アントン・メゲルディチェフ FMヨコハマの人気番組『トレセン』で開催されている「鉄道王決定戦」。 毎年10月に行われていて、支配人みどりも毎年楽しみにしております。 みどりは鉄道ファンでもなんでもないの…

上田監督版「ジャッキー・ブラウン」になれたか⁉『スペシャルアクターズ』感想と見どころ

スペシャルアクターズ 2019年 日本 監督:上田慎一郎 待っていました上田監督作品第二弾!昨年「カメラを止めるな!」で大ブレイクした興奮も冷めきらぬうちに、次の作品を観ることができて幸せに感じます。 こんなに特定の監督の作品を追いかけたくなったの…

同じ妄想を抱いてました『イエスタデイ』感想と見どころ

イエスタデイ:(原題)YESTERDAY 2019年 アメリカ・イギリス 監督:ダニー・ボイル 支配人みどりは学生時代バンドを組んでいました。 まあ所謂コピーバンドだったのですが、とても楽しく、様々な経験をしまして、一時期は本気でプロになろうと考えていたこ…

上質のハードボイルド『ノーカントリー』感想と見どころ

ノーカントリー:(原題)No Country for Old Men 2007年 アメリカ 監督:ジョエル・コーエン イーサン・コーエン 第80回 アカデミー作品賞受賞 上質のハードボイルドを観たくないか? もう一人の自分がこう囁いたらこちらの作品「ノーカントリー」をお勧め…

戦争映画を別の視点で…『アフガン・レポート』感想と見どころ

アフガン・レポート:(原題)Kajaki 2014年 イギリス・ヨルダン合作 監督:ポール・ケイティス 映画のテーマには事欠かないですが、近年の戦争映画ってやはり変わりましたよね。 支配人みどりが昔に観た戦争映画は、必ず両国で『善人・悪人』に分かれていま…

大人気シリーズ最終章へ突入!『ワイルド・スピード ICE BREAK』感想と見どころ

ワイルド・スピード ICE BREAK:(原題)The Fate of the Furious 2017年 アメリカ 監督:F・ゲイリー・グレイ 大人気長寿シリーズ最終章3部作の1作目。 シリーズの顔でもあった、ポール・ウォーカー亡き後の1作目でもあります。 思えばシリーズ1作目が2001…

ポール・ウォーカーの遺作となった作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』感想と見どころ

ワイルドスピード SKY MISSION :原題(Furious7) 2015年 アメリカ 支配人みどりはもうずっと車はSUV派。 荷物は多く詰めるし、悪路でもへっちゃらなSUVは大は小をかねるという言葉通りの万能カーですよね。 でもこのシリーズを観る度に「バッキバキのスポ…

心優しいトリマーに何が起こったのか?『ドッグマン』感想と見どころ

ドッグマン:原題(DOGMAN) 監督:マッテオ・ガローネ ヨーロッパ映画独特のブルーを、ときおり無性に味わいたくなります。 自分でも何をきっかけにそういう心境になるのか未だに解りませんが、何かがそうさせるのでしょうな。 という訳で今回鑑賞した作品…

【スポンサーリンク】