テアトルみどり座

映画の感想、見どころを気ままに紹介しています。

【スポンサーリンク】

上質のハードボイルド「ノーカントリー」感想と見どころ

ノーカントリー:(原題)No Country for Old Men

2007年 アメリカ

監督:ジョエル・コーエン イーサン・コーエン

第80回 アカデミー作品賞受賞

 

 

上質のハードボイルドを観たくないか?

もう一人の自分がこう囁いたらこちらの作品「ノーカントリー」をお勧めします。

本作は2008年の、アカデミー作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞を受賞しておりまして、お墨付きも完璧。

では早速あらすじを

 

 

あらすじ

 

1980年のアメリカはテキサス州。

ある保安官補が一人の男を連行していた。連行されていたのはアントン・シガー(ハビエル・バルデム)という殺し屋。シガーは保安官補のスキをつき、殺害し逃走してしまう。

一方ルウェリン・モスはライフルで狩りをしていた。獲物は外してしまうが、偶然数台の車と死体を発見する。

近づいてみると明らかに銃撃戦を繰り広げられた痕跡。そこに不自然に続いた血痕を見つける。辿った先には息絶えた男と傍らには現金200万ドルが入ったカバン。

大金入りのカバンを持ち帰った夜、モスは銃撃戦の現場で虫の息だった男が水を欲しがっていた事が気がかりで、水を持って現場に戻る。

この行動が運命の歯車を狂わせることになる。

 

 

キャスト

 

エド・トム・ベル保安官:トミー・リー・ジョーンズ

 

物語は彼の独白から始まる。昔気質の保安官で、犯罪が過激化している現代を憂いてる。

 

アントン・シガー:ハビエル・バルデム

 

一匹狼の殺し屋。一切の感情抜きに、完璧に仕事を遂行する。凶器は酸素ボンベとサイレンサー付きのショットガン。

 

ルウェリン・モス:ジョシュ・ブローリン

 

ベトナム帰還兵。妻と二人暮らし。義理母とはあまり上手くいってない。

見た目とはうらはらに用意周到な性格。

 

 

 

見どころ

 

運命に導かれた三人の男達

 

支配人みどりは、本作の印象を一言で、という問いには「セリフが少ない」と即答できます。

本編ではこのベル保安官、シガー、モスのそれぞれの1ショットパートがあるのですが、是非ともここを注視して頂きたい。それぞれセリフは一切無く、表情やしぐさで彼らの考えている事を観客に訴えています。

 

冷酷なアントン・シガー

 

演じたハビエル・バルデムはアカデミー助演男優賞を本作で受賞しました。

もうとにかく恐いのです。あのイヤミカットの髪型からして凄みを醸しだしていて、目的の為なら罪なき一般人もその手にかけるという残忍さ。

またその腕っぷしもさることながら、頭もキレる。医学の知識も備えている様子。彼のスピンオフでも1本撮れそうなくらい強烈なキャラなのです。

 

追われる男と追う男の攻防戦

 

追うシガーと追われるモス。どちらも見た目以上に頭がキレ、その攻防戦は見応え十分。

特にモスの窮地を脱する頭の回転の速さは、なんで今までくすぶった生活を送っていたのか解らなくなるほど。

 

 

まとめと総評

 

とにかくセリフで物語をトレースするタイプの作品では無いので、鍵になっているシーンを見逃すと、物語の展開が意味不明になるので注意が必要です。

鑑賞の際は、何かをしながら観るのではなく、キチンと画面の前に座って観ましょう。

物語の本筋は麻薬の取引でこじれた大金を、モスが奪って逃走する話なのですが、引退間近のベル保安官の苦悩にも注目です。原題はベル保安官の気持ちかと。

彼の愚痴にグッとくる中春男性もたくさんいらっしゃると思います。

という訳で評価は

 

☆☆☆

 

「MIB」以外のトミー・リー・ジョーンズ、久しぶりに観ましたよ。

【スポンサーリンク】